社畜よ、武器を持て【未払い残業代請求裁判ブログ】

未払い残業代請求と解雇無効確認の裁判中の元社畜によるリアルタイム奮闘記! 今まさにブラック企業で働いている方、これからブラック企業と闘わんとしているあなたへのバイブルにも!

これまでの経緯64 ついに書類送検された!

労働基準監督署に告訴状を提出してから約6ヵ月。8月初旬。労働基準監督官から、会社と代表者と部長を書類送検したという連絡がきた。いやー、長かった!労基署さんご苦労様です。 お世話になりました。数日後、労働局のHPに新着情報にてプレスリリースとし…

これまでの経緯63 逃げ道は塞いだつもり

和解条項案を作成しながら、 言葉巧みにごまかした説明をされるリスク。従業員の大半を朝礼に出席させないリスク。やらずにやったことにしてこられるリスク。 これらを回避する手段を考えた。 履行が必ず確認出来るように、原告本人又は代理人も出席出来るよ…

これまでの経緯62 あれも無理これも無理

弁護士を通じて指摘と確認をすると、1.HPへの経緯と謝罪の掲載は出来ない。2.復職であれば退職日を決めて復職しなければ応じられない。1日のみ出社してあとは退職まで有給休暇にしてほしい。3.従業員への周知について、履行を担保する方法を考えるという回…

これまでの経緯61 努めて穏当に

被告からの回答がきた。要旨は次のとおりであった。①被告は普通解雇を撤回して、雇用契約を和解日で会社都合の終了とする。②被告は次の文書を従業員に配布して周知する。原告の退職願を受けて退職処理するのが穏当であったところ、会社が予告手当を支払って…

これまでの経緯60 これまでの裁判記録を閲覧に行った話

期日が終わった2日後。この頃は裁判所に対する信頼を失くしかけていたので、これまでの裁判記録を閲覧をすることにした。裁判記録の閲覧とは、民事訴訟法(訴訟記録の閲覧等)第91条1項 何人も、裁判所書記官に対し、訴訟記録の閲覧を請求することができ…

これまでの経緯59 御用聞きに来たのか

それほど時を待たずして書記官に呼び戻された。裁判官:被告代理人と話をしました。俺さんの条件で和解に向けて前向きに検討したいとのことです。今日は決済者である被告の代表者が来ていないので、持ち帰って検討したいということです。俺:こちらは判決で…

これまでの経緯58 正しい秩序

被告代理人弁護士が部屋を出ていき。俺:まず、私としてはこれまでの主張に自信を持っていますので判決でいっこうに構いません。最初の期日前に訴外で、あとは先回の期日と、こちらも譲歩を示した上で2度も和解の機会を被告に与えました。どちらも誠意ある…

これまでの経緯57 夏休みの宿題みたいだ

6月の末。 5回目の期日の日がやってきた。和解の件について裁判官とやりとりをしないといけないこともあり、若干の緊張感と憂鬱感。いつも通り、提出した準備書面や証拠の確認がたんたんと進んでいき、ほどなく終わった。そしてこんな発言が。裁判官:そろ…

これまでの経緯56 判決にこだわる理由。

先生からの連絡後から期日までの間、今一度整理し見つめ直し考えてみることにした。自分が判決にこだわっている理由についてや、今後について。本件は固定残業制度を含む雇用契約の不利益変更に応じないこと、また本来当然発生している残業代を請求した事に起…

これまでの経緯55 疑心暗鬼。

次回に向けた準備書面を提出し終え、期日直前、弁護士の竹下先生から連絡が。裁判官から先生に電話があり、まだ俺の和解を迫っているとのこと。最終判断を伝えたはずなのに…。まだ和解の話を出してくるのか。俺は気が立っていた。先生:被告も磯野さんの和解…

これまでの経緯54 タイムカードは真を語り、問題点を浮き彫りにする。

磯野の和解が成立した後、俺達はその前回の期日で被告から提出された書面に対する反論を準備した。被告から日報の日時を指定した具体的な言及もあったが、それについては日報を読み返したところ全てが的を射ないものであり、全て説明がつくものであった。あ…

これまでの経緯53 それぞれの道

部屋に戻ると社長が疲れた様子で座っていた。 裁判官から相当厳しいことを言われたのか、自分の立たされている状況、分の悪さをようやく理解したのか。 うなだれている?諦め? いや、投げやりというのが表現としては一番しっくりくる。そんな様子だ。 裁判…

これまでの経緯52 陽動作戦?

第4回期日。部屋のドアを開けると、社長の姿が。 社長:おう、ご無沙汰やなぁ平静を装うかのように笑顔で語りかけてきた。こちらは背筋を伸ばし表情を緩めることなく小さく返事をし、席に着く。遅れて書記官と裁判官が入ってくる。そうして始まる弁論準備手…

これまでの経緯51 不本意な和解案

次回期日の約1週間前の5月中旬、被告から準備書面⑸が届いた。とりとめのない内容のためざっくりと。原告の契約実績は、上司の寄与によるところが大きく、原告の貢献度は10%程度。後輩を指導するどころかむしろ悪影響を与えていた。根拠が無い上に主観的…

これまでの経緯50 足なみが揃わなくても

50回目ですね。当初想定していた以上にここまでに記事数を使っています。さて、第3回弁論準備手続です。記憶を呼び起こして書いていきます。 人事異動で新しい裁判官となり最初の期日です。今回は松田さんは来られず、俺と磯野とうちの先生と臨みます。裁…

これまでの経緯49 学生でもやらないようなコピー&ペースト

また第3回期日直前に被告代理人が準備書面を送ってきた。こちらに期日までに反論検討の時間を与えないためか、仕事が遅くてぎりぎりになったのか。おそらく後者だと思います。 内容は、ほぼ前回の準備書面をコピペしたものでした^^; 新しく出してきた主張は…

これまでの経緯48 原告準備書面⑶

原告準備書面⑶平成29年4月〇日原告は、被告作成の平成29年3月〇日付準備書面⑵に対し、以下の通り、反論する。 第1 「雇用契約」について」について1 ⑵「「原告の賃金」につき」について平成27年12月に5000円の役付手当が支給されているとこ…

これまでの経緯47 受けて勝つ

第2回期日の報告を先生から受けた俺達は、早速次の期日に向けての準備をはじめた。期日直前に被告代理人から届いた準備書面の主張に関して、反論をしなければならない。被告の主張がどれだけでたらめであろうが、根拠がなかろうが、適切なタイミングで反論…

これまでの経緯46 第2回弁論準備期日

2週間ぶりの更新です^^; マメにチェックしていただいている方には申し訳ありませんm(_ _)m では、前回のつづきです。3月中旬、第2回期日がやってきました。この日はプライベートな用事があり出席出来なかったため、先生にお任せしました。その日のうちに…

これまでの経緯45 なにも指示しない上司と任意の仕事に無意味なタイムカード

第2回期日(弁論準備手続き)直前被告代理人から準備書面が届いた。未払い残業の答弁だ。以下、抜粋して要旨を書いていきます。訴状記載の請求の原因について答弁する。当事者について認める。雇用契約締結日について平成25年10月21日で認める。解雇日につい…

番外編 無職の歩き方 ⑵ FP2級を受けてみた

解雇されて裁判しているため働けなかったり、未払い残業代を請求したため退職を余儀なくされた場合に、少しでも稼ぎ出したり、時間を無駄にせず過ごすには何ができるのか。まずは、時間があるので再就職を少しでも有利にするために勉強することにした。働い…

これまでの経緯44 原告準備書面⑵

少し間が空いてしまいました。 早速、前回からのつづき 被告準備書面⑴に対しての反論として原告準備書面⑵を作成。ここでこちらの隠し球の1つ10月7日の話し合いの歳の録音とそれを書面に書き起こしたもの(反訳書)を証拠提出!通常は業者に頼むものらしい…

番外編 無職の歩き方(仮)

本日2回目の記事更新です。今月で失業手当の仮払い支給が無くなりました。財産を売却したり預金もあるので余裕がありますが、何もしなければ今後はただただお金が減っていくだけになります ノ)゚Д゚(ヽ前々回の記事に対して、「収入が無くなるのでなかなか会社…

これまでの経緯43 否認らっしゅ 被告準備書面⑴

前回のつづき 第1回期日から2週間ほど経った2月中旬、被告から準備書面が来た。要旨は以下のとおり。被告準備書面⑴訴状と原告準備書面に対して答弁する。第11 「解雇までの経緯について」(1)ア 被告が原告に対して定額残業制を入れた新たき雇用契約書を提…

準備書面⑴で出した証拠書面

準備書面⑴(これまでの経緯40)で出した証拠書面 標 目 (原本・写しの別)作 成 年月日 作 成 者 立 証 趣 旨 備考 甲20 大阪地方裁判所平成9年8月29日判決 写し H9.8.29 大阪地方裁判所裁判官被用者が任免権者に対して退職願を提出後、任免権者による承諾…

訴状と出した証拠書面

訴状と同時に提出した書証。 号 証標 目 (原本・写しの別)作 成 年月日 作 成 者 立 証 趣 旨 備考 甲1 履歴事項全部証明書 原本 H28.8. 〇〇法務局登記官 被告の登記事項について。 甲2の1 通帳 写し H25.10.~H27.7. 〇〇銀行 平成26年10月分から同年12…

これまでの経緯42 第1回期日(弁論準備手続き)

ついに第1回期日がやってきた。弁護士を立てているものの出来る限り出席するつもりだ。弁論準備手続きはよくテレビで観る法廷とは違い、こういう感じの部屋でやります。傍聴では無く、参加できるのでもちろん発言も可能です。やりとりは以下の通り。(記憶で…

これまでの経緯41 答弁書届く

少し更新が空いてしまいました。お待たせしました。 では、前回からの続き↓ 1月末、被告代理人から訴状に対する答弁書が届いた。 内容は以下のとおり。 答弁書 第1 請求の主旨に対する答弁1、原告の主張は、棄却する。2、訴訟費用は原告の負担とする と…

これまでの経緯40 容赦無き先制攻撃

民事裁判は序盤、中盤戦は書面のケンカだ。準備書面という原告、被告双方の主張を書いた書面を提出し合う。 テレビドラマのような尋問形式はクライマックスで、主張や書証が出尽くすまで、この地味なやりとりを繰り返すことになる。 最初の原告(訴えた側)の…

これまでの経緯39 告訴状ついに受理される

6月は少し忙しくなりそうなので、更新頻度が減るかもですm(_ _)mなるべく頑張って書きますが。 続きが楽しみって方は読者登録していただけると更新した時すぐ分かりやすいかもしれません。 前回からのつづき↓ 担当官に電話で確認をしながら告訴状を完成させ…