残業代くださいって言ってみたら即クビにされたから裁判することにした【未払い残業代請求裁判ブログ】

未払い残業代請求と解雇無効確認の裁判中の元社畜によるリアルタイム奮闘記! 今まさにブラック企業で働いている方、これからブラック企業と闘わんとしているあなたへのバイブルにも!

第78話 電話の相手は

はてなブログを始めて1年になりました。

累計PVは現在18000ちょっとです。多くの方が見て下さり時々応援コメントも頂戴したりありがたいです。
このブログが何かしらのきっかけや参考になればと思います。




では記事に移りたいと思います。↓


平成30年が始まり見慣れない番号から不在着信がありました。
誰か分からないのでちょっと緊張しながら折り返すと、男性の声。声の感じでは年齢は40代か50代ぐらい?


俺:もしもし、俺と申しますが。お電話をいただいたようなので折り返しました。


相手:スズキケンジと申します。


俺:はい...?
(´-`).。o(スズキケンジ?そんな知り合いいたっけなぁ?間違い電話かぁ?)


スズキ:俺さんですよね?ケンジスズキです。


俺:え?はい?
(なにこの人ふざけてるの?なんで外国人みたいに氏名入れ換えてきたw)


スズキ:ああ、すいません、地方検察庁の検事の鈴木です。俺さんが告訴されてる件でお話があって。分かりますよね?


俺:ああ!分かります!分かります!失礼しました。どうもお世話になってます。
(わかりにくいわw初めからそう名乗ってくれよ)


鈴木検事:お待たせしておりましたが、社長と部長の聴取終わりましたので連絡しました。


俺:ありがとうございます。


鈴木検事:今後、示談する予定とか、告訴取り下げる予定は無いですよね?


俺:ありません。


鈴木検事:では、処罰を強く希望ということでいいですね。


俺:はい。


鈴木検事:では、ちょっと証拠になっている日報の中で分からない略語とか用語があるので確認したいのですが。


-いろいろ聞かれて、説明-


鈴木検事:口頭とかで代表者から直接残業指示されたことはありますか?


俺:証明できる材料はないですが、あったと認識してますし、残業中に頑張れよとか言って、パンや飲みものを差し入れしてくることもあったので代表者にも残業させている認識もあったはずですよ。


鈴木検事:分かりました。ありがとうございます。


俺:で、どうなんですか?起訴出来そうですか?


鈴木検事:罰金は取ろうと思います。そういう方針で進めています。


俺:法人、代表者、部長?


鈴木検事:起訴するなら全員で考えてますが、せの中で難しい方がいれば、その方だけ起訴猶予とかってことはありえなくはないですが、みんな罰金取る方向で進めてます。
まだもう少し時間いただきますが、処分決定については俺さんに通知がいくので確認していただければと思います。


俺:分かりました。引き続きよろしくお願い致します。




おおー!まだ不確定だけど、全員起訴して罰金取ってくれるみたいだ。
あんまり期待していなかったし、起訴猶予になったら検察審査会に申し立てしたりいろいろしないとと思ってたから、全員起訴する方針というのを聞けたのは本当に嬉しい。


検察グッジョブ!ありがとう!



ちゃんと結果が来たらまたお伝えします。



つづく