残業代くださいって言ってみたら即クビにされたから裁判することにした【未払い残業代請求裁判ブログ】

未払い残業代請求と解雇無効確認の裁判中の元社畜によるリアルタイム奮闘記! 今まさにブラック企業で働いている方、これからブラック企業と闘わんとしているあなたへのバイブルにも!

第84話 終盤戦

久々の更新です。

刑事記録を弁護士会請求で取り寄せてもらいました。

内容は詳しく言えませんが、やはり供述調書では民事でのこれまでの被告主張と矛盾することが語られていて、すごく有力な証拠となりそうです。

労基署も捜査報告書の中で事業除外みなし労働の適用を明確に否定していました。

ただこのままこれを民事に証拠提出すると、刑事記録の目的外使用や被告のプライバシー保護の観点から刑事訴訟法などの法令に引っかかる恐れがあるとかないとか(個人的には無いと思うのだが)で念のため、裁判所に書類送付嘱託を申請して、裁判所の権限で裁判所から検察に対し民事の証拠として取り寄せてもらうことになりました。


今月は期日があり進展がありました。
①双方がこれまでの主張を纏めた陳述書提出。
②ワンオペの日についておおよそ合意が形成でき次回6月の期日調書に合意事実として纏めることに。
③証人尋問の日時が7月に決定。時間配分も大枠で決定。直前の次回期日で尋問内容の詰めと争点の最終確認をすることに。



書類送付嘱託がまだ来てないので、被告の弁護士は刑事記録に何が書かれているかまだ知らないわけですが、すでに出してしまった陳述書の内容と全く整合とれないけどどーするんだろう^^;
頭抱えるだろうなぁ。(´-ω-`)


いよいよ、終盤戦って感じです。大分見えてきました。


ここにきて詳しくかけないことも増えてきて、ブログも停滞気味ですが途中でやめないので見守っていただければ幸いです。

ちゃんとほぼ毎日開いてチェックしてますので、コメントいただいた場合は早めにお返しします。