残業代くださいって言ったら不当解雇されたから裁判することにした【未払い残業代請求裁判ブログ】

未払い残業代請求と解雇無効確認の裁判をした元社畜による実話を元にした実話です。ブラック企業で働いている方、これからブラック企業と闘わんとしているあなたへのバイブル

『パパの退職金請求』第5話 宣戦布告するパパ


早速、内容証明の作成にとりかかった。


自分の事件の時に先生が作ってくれた通知書を参考にした。


ざっくりとした文章自体は概ね1時間ぐらいで出来たが、添削や校正に倍以上時間がかかった。





末期株式会社

代表取締役  誤魔貸 太郎 殿

 

  

 

前略

第1 はじめに

1 雇用契約の存在

末期株式会社(以下、貴社とする)は、平成元年◯月1日、パパ(以下、私とする)を期限の定めなく雇用しました。

 労務の提供

平成元年◯月1日に貴社に雇用されて以降、貴社において従業員として労務の提供をしてきました。

3 これまでの経過

しかし、令和2年□月30日、代表取締役誤魔貸太郎殿(以下、社長とする)より同年□月末日をもって退職するよう口頭により告げられました。有給休暇の残日数が□月末日では消化出来ないこと業務の引き継ぎ今後の生活等こと考えて、次月以降も雇用いただくようお願いを致しましたが、全く聞き入れていただけず、雇用は1カ月後の△月末日まででありそれ以降は失業手当を受給するよう提案されました。

私には自身の地位に対する意思決定権が無いと感じたこと、退職日が1か月後であることから、私はそれを解雇通告、解雇予告であると受けとめました。

そのため、翌日である同年□月1日に解雇通知書を出していただくよう社長に依頼し、同年□月日から有給休暇を取得しております。

それに対し、同年□月8日貴社より自宅に退職勧奨の同意書が送付されてきました。

 

第2 退職勧奨について

1 退職勧奨

 退職勧奨とは一般に、雇用主が従業員(労働者)に対して、自主的な退職を求める方法です。従って実際に退職するかの決定権は、雇用主ではなく労働者にあり、退職勧奨に応ずる義務はありません。

2 貴社より送付された「退職勧奨の同意書」

 貴社より送付された「退職勧奨の同意書」の内容は、退職日、離職理由、守秘義務、清算といういずれの条項についても到底受け入れられるものではありません。

3 同意しない旨の意思表示

貴社から送付されました「退職勧奨の同意書」ですが同意することは出来かねます。現状での退職の意思が無いこと、退職勧奨に同意しない旨本書をもって改めて通知致します。

 退職勧奨の態様

退職勧奨は説得の回数、手段、方法は社会通念上相当であることが求められます。自由な意思決定を妨げられる態様、限度を超える執拗な退職勧奨はおやめいただく様にお願いしておきます。

 

第3 有給休暇について

1 有給休暇の届出

令和2年□月1日以降直近の労働日につきましては有給休暇を届出させていただきます。私の計算では□月28日まで有給休暇がありますので、□月28日までは有給休暇を使用させていただきます。念のため本書とは別に任意書式の有給休暇届出書を郵送させていただきますので受理いただきます様お願い致します。

 労働日と有給休暇残日数

万が一、私の把握する労働日や有給休暇残日数、貴社の把握する有給休暇残日数に差異がございましたら、貴社の把握する有給休暇残日数、貴社の規定する労働日をご連絡いただきます様お願いいたします。

3 時季変更権の行使

貴社より退職勧奨をされている状況から、時季変更権を行使されることはありえないことと考えておりますが、もし万が一、時季変更権を行使される場合には、その理由と変更時季について通知いただきます様お願い致します。

 

第4 退職に向けた交渉

1 退職交渉

有給休暇消化後については従業員としての地位がある以上、引き続き労働の提供をする予定でございますが、円満な退職に向けた交渉については応じる意思があります。

2 資料の開示

 退職の交渉にあたってはその前提資料として、現在の就業規則、賃金規定、退職金規定等のご提示をお願い致します。私の方でもこれらの資料について所持しているものがございますが、確認のためご提示いただきます様お願い致します。使用者には労働基準法により周知義務がございます。もし送付の方法がとれないという場合には別の方法をご提示下さい。

尚、賃金、退職金を含めた労働条件の不利益変更については労働者の個別合意が無い限りは無効とされております。労働条件の不利益変更については東日本大震災による社会状況や業績影響に理解を示し、平成23年12月に減給を受け入れた以降は合意した事実はありません。

所持している資料から把握していない労働条件の不利益変更があった場合には無効と考えますので、退職交渉にあっては考慮しないことを申し添えます。

 

 退職金

 退職交渉にあたっては、まずは貴社の賃金規定及び退職金規定に基づき算出される正当な退職金の金額と、貴社のお支払い意思のある退職金、支払い時期をご提示ください。賃金規定及び退職金規定から算出される退職金の金額と貴社の支払い意思のある退職金の額に、差異のある場合にはその理由をお示し下さい。

4 交渉の方法

今後の交渉につきましては、記録保持、紛争回避のため必ず書面にてご連絡下さいます様お願い致します。

 

第5 結語

 取り急ぎご連絡のみで失礼致します。

草々

 

令和2年△月△△日


パパ



どうでしょう皆さん?


我ながら良い文章作ったと思うのですが。


読者の中に同じような状況の人がいたら、コピペして直して使っても良いですよ。(その結果不利益が生じたとしても責任は負いません。自己責任でお願いします。)



これを日曜日の22時半に電子内容証明で速達にして出しましたが、翌朝10時に届いておりました。

かんぽとかでいろいろ問題あるけど、郵便は仕事速いですね。



会社からの反応はいかに!



つづく。



 


スピンオフ

『パパの退職金請求』編を最初から読む



本編
不当解雇された元社畜による未払残業代請求編を最初から読む