残業代くださいって言ったら不当解雇されたから裁判することにした【未払い残業代請求裁判ブログ】

未払い残業代請求と解雇無効確認の裁判をした元社畜による実話を元にした実話です。ブラック企業で働いている方、これからブラック企業と闘わんとしているあなたへのバイブル

『パパの退職金請求』第9話 一身上ではない会社の都合により辞めさせていただきます。

数日後、合意書の撤回とお詫びという文書が送られてきた。



【合意書の撤回とお詫び】

この度はパパ氏に退職勧奨をお願いし納得されたものとして、合意書を送付しました。

しかし、倒産の危機混乱の中、説明の不足、行き違い、債権債務等配慮を欠いた内容になってしまいました。誠に申し訳ありませんでした。謝罪して撤回致します。

退職は無効、使用人兼務役員の地位は回復、労働契約を継続させていただきます。
当面売り上げは回復せず、財政難、倒産の危機は続くと思われます。

改めて協力をお願い致します。
       
代表取締役社長 誤魔貸 太郎


はい、間違っていたなら謝ることは大事ですね。
評価したい。

最後の「改めて協力をお願い致します。」

この意味深な一言は一体なんだw

改めて退職勧奨するのでお願いします。
という意味なのか?
そうだとしたら、さっきの謝罪の意味w

それとも、

人員削減は諦めました。戻ってきて一緒に心中しましょう。なのか。無理ですw



パパの退職意思が固いことから、例え退職についての条件が合意に至らなくても、自動的に辞められるように、退職届を予備的に出した。

退職届
令和2年○月○日


末期株式会社
代表取締役 誤魔貸太郎 殿

度重なる退職勧奨、個別合意の無い賃金及び手当の減額(労働条件の不利益変更)、それに伴う賃金の長期に渡る一部未払いを理由として令和2年○月28日をもって退職致します。

末期株式会社
従業員
パパ

こういう場合、テンプレでよくある一身上の都合とは書いてはだめです。書いた時点で完全に自己都合になってしまいます。


次回、条件交渉。

つづく。






スピンオフ

『パパの退職金請求』編を最初から読む



本編
不当解雇された元社畜による未払残業代請求編を最初から読む