残業代くださいって言ったら不当解雇されたから裁判することにした【未払い残業代請求裁判ブログ】

未払い残業代請求と解雇無効確認の裁判をした元社畜による実話を元にした実話です。ブラック企業で働いている方、これからブラック企業と闘わんとしているあなたへのバイブル

『行政不服審査請求と破産債権回収編』第8話 当該年度はいつを指す

行政行為の公定力

f:id:moto_shachiku:20210614081039p:plain


いろいろ調べ考えたりしているうちに納期限が近づいてきてしまった。


私人間(シジンカン)とは違い、行政行為は重大かつ明白な瑕疵がない限りは、たとえ違法であっても権限のある行政庁か裁判所が取り消すまでは有効として扱われる。(行政行為の公定力)


逆に言えば払ったからと言って、この課税処分を承認ことにはならない。よって不服申立する上で不利になることはない。


納期限までにとりあえず払ってしまおう。

約17万円。必ず戻ってこいよ。


f:id:moto_shachiku:20210614081707p:plain



支払ったら俄然やる気が出てきた。

審査請求には法定の書式というのはないらしいが、当該役所に電話して審査請求書を送ってもらうことにした。



-数日後-



f:id:moto_shachiku:20210614081532j:plain


どう考えても請求の理由、証拠欄が狭すぎるだろ。

これを参考にして書式から自分で作るしかないか。



Twitterやってます。更新お知らせします。

是非フォローいただけると嬉しいです。



本編を最初から読む