残業代くださいって言ってみたら即クビにされたから裁判することにした【未払い残業代請求裁判ブログ】

未払い残業代請求と解雇無効確認の裁判中の元社畜によるリアルタイム奮闘記! 今まさにブラック企業で働いている方、これからブラック企業と闘わんとしているあなたへのバイブルにも!

第110話 展示場閉めますか?それとも会社閉じますか?

後日、内通者の元に、行政からメールが再度届いた。



『複数の問い合わせがある事から行政庁としては会社の認識が甘いと感じざる得ません。許可取消しは行政庁としても不本意ですので改めて社長へ認識の確認を行います。
その際、個人名は隠して社員より問い合わせがあったと話します』


泳がせて当日抜き打ちで行けばいいのに、、、と思ったが、まあ行政として正しい対応と言えます。
複数の問い合わせ。会社の認識が甘いのを従業員みんな心配してるんだな。



早速、行政から確認が入り緊急で従業員全体集められ会議が執り行われたとのこと。

行政庁に誰が連絡したかと言う犯人探しと、やはり展示時は閉めるべきではないかという事が議論されたそうです。



会議での結論。


展示場は営業するらしい。


しかし接客はしない、カタログは渡さない、見積の依頼は受けないという方針で。


まじかwww


どうなるか、少しイメージしてみよう。



客:こんにちはー、ちょっとモデルハウス見せていただいていいですかー?こんにちはー!あれー?誰もいないんですか。

社員:...。自由に見学して下さい。

客:私ね、建て替えを考えてまして、最近地震も多いし耐震に力入れているおたくの会社なかなかいいかなぁなんて思ってるんですよ。

社員:今日は自由に見ていただくだけで、それ以上はすいません。カタログなどもお渡しでませんので見学し終わったらお引き取りください。

客:...。


 いやいや、なんのメリットもないじゃないですか!
許可取り消しのリスクまでおかして一体何がしたいんだw



さあ、営業停止当日、はたして本当に営業するのでしょうか。


次回へ続く。

第109話 やる気MAXブラックです。

営業停止が決まり内通者からメールが来ていた。

社長から従業員に送られたメールが添付されていた。

皆様へお知らせ
今朝の朝刊記事の通り、3日間の営業禁止処分となりました。業務禁止ではなく営業停止です。モデルハウスも本社も施工現場も普段通りです。具体的な禁止事項は新規請負契約関してこの3日間については新規契約に向けての交渉及び契約、施工中の現場の追加契約についての仕事が禁止されます。ご留意ください。


ん??禁止されてるのは
『建設業の営業の全部』なはず。普段通りって。

社内での見積やモデルハウスの営業はバレないから大丈夫だろとか言っているらしい。

そこで
営業停止処分の通知を受けたときにしなければならないこと、できないこと、できることを調べてみた。

営業停止処分を命じられたときから2週間以内に処分をされる前に締結した建設工事の注文者に対して営業停止処分を受けた旨を通知しなければならない。 この通知を怠ると罰則の対象になる。

→やってなさそう。


営業停止処分期間中にできないこと
新しい建設工事の請負契約の締結
新しい建設工事の請負契約の締結のための入札、見積り、交渉など
処分前に締結した契約の変更(工事追加)

→モデルハウスの営業は請負契約の締結のための交渉になるし、見積なんて明文でだめ。


内通者から当局に通報質問してもらいましょう。

.....。


早速当局から回答がきたみたいです。







さぁ、会社はどうするのでしょうか。
このまま突き進んで建設業の許可取り消しになるのでしょうか!?


次回へ続きます。




第108話 処分は忘れた頃に

証人尋問から2日後、松田さんから一通のLINEが。


松田さん:被告会社が3日間の営業停止処分になるそうです。

な、なんだとΣ(・□・;)

一体何をやらかしたんだw懲りねえな!

当局のホームページには処分についてのお知らせが。確認してみる。


下記のとおり建設業法の規定に基づく処分を行いました。
処分を受けた者  ○○会社(被告会社)
 代表者の氏名 ○○○○(被告社長)

法第28条第3項の規定に基づく営業の停止命令処分

停止を命ずる営業の範囲
建設業の営業の全部

停止を命ずる期間
平成○○年○月○日から平成○○年○月○日まで3日間

処分の原因になった事実
会社並びに同社役員及び従業員が、同社の業務に関し、平成○年○月○日に、簡易裁判所から労働基準法違反により罰金刑を言い渡され、同年○月○日にその刑が確定した。このことが、法第28条第1項第3号に該当する。




俺達のした労基法違反の刑事告訴が原因でしたw

罰金刑が言い渡されてから半年もたっていたし、行政処分はノーマークで予見していなかった。
今さらこんなことがあろうとは!
起訴されて有罪になってそれなりに結果には満足していたけど、お役所もしっかりお仕事していただきありがとうございます。



が、しかし、これに対し被告会社は全く懲りずにア然とする行動に出ようするのだった。


次回に続く。






第107話 告白

しばらくして、書記官に呼ばれ被告側と入れ替わりで再度入室。


裁判官:被告には厳しいことも言って、原告側の要望は伝えました。さすがに満額近い金額というのは難しいけども、どういった提示が出来るか検討させてほしいということで。原告の皆さんは判決を求めるとう立場でしょうし、私も半分諦めてますけど、次回期日までに時間もありますので譲歩出来る点ないかよく考えていただければと思います。

原告代理人:分かりました。

裁判官:では、被告側にも入っていただいて次回期日決めましょう。


このあと期日決めやりとりして、終わり。

裁判所をあとにして
磯野と松田さんと駅まで一緒に歩いた。

俺:実はさ、皆に言ってなかったことがあるんだけどさ。

磯野:なに?

松田さん:はい。

俺:今回の件、記録も兼ねて、ずっとブログを書いてて。そろそろ言わなきゃなって思って。未払い残業、ブログとか検索すると、多分結構上の方にきちゃうし、もうもしかしたら知ってるかもしれないけど。
もちろん仮名にしてはいるんだけど、2人にも登場してもらってるんだよね。あんまりよく思わないならやめようと思ってる。

磯野:そうなんだ!知らなかったけど、いいんじゃない?読みたい読みたい。

松田さん:大丈夫ですよ。

俺:じゃあ、URL教えるから、なんかまずいとこあれば直すから指摘して。


1年以上経過していて、ちょっと打ち明けるの緊張したけど、理解してもらえて良かった。


そしてこの証人尋問の日から少しして、ちょっとした事件が起きる。

次回書きます。

第106話 ファイナルアタック

証人尋問に引き続き、弁論準備期日(非公開)


裁判官:先ほど、本日で口頭弁論終了の旨伝えましたが、後藤部長と社長の尋問は、裁判の便宜上、とりあえず俺さんの事件での採用としております。
そのため、後藤部長と社長の尋問調書を作成したあと、他4名様の事件で後日証拠提出してもらうことになりますので、後日もう一期日弁論準備手続き期日設けます。後ほど次回期日打ち合わせさせてください。

原告代理人:そうでしたね。分かりました。

被告代理人:分かりました。

裁判官:まず原告の皆さんと話をしますので、被告は呼ばれるまで一旦退室して下さい。

ガチャ-被告側退室-

裁判官:皆さんも大体お分かりかと思いますので、言いませんが細かい部分はさておき(結果は)大体皆さんが思っているとおりだと思います。不可解に深夜残業が多い方もいらっしゃるので、そこは認定するかは分かりません。
判決となれば今回5人分ありますし、争点も多岐に渡り、労働裁判という特性上判決までにはかなり時間をいただかないといけませんし、判決をとれば判決なので皆さん思っている結果と乖離するリスクもあります。それでもやはり原告の皆さんは和解の意思はありませんか。

原告代理人:判決を希望します。

裁判官:リスクは許容する。

原告代理人:そうですね。

裁判官:例えば原告から和解内容希望できるとしてどんな内容なら和解ありえますか。

原告代理人:例えば請求額全額に遅延損害金支払ってもらって、和解日から支払い日までの利息は免除しますよとか、ある程度分割支払い応じますよとかなら余地ありますけど。

裁判官:それはちょっと無理あるかと。もうちょっと譲歩できないですかね。

原告代理人:これまで未払い残業代の支払いが一切ないことや内容からすれば判決になれば付加金が付くことも十分ある事案と考えてます。請求額満額にここまで長引いた分、遅延損害金までは譲れない部分あります。

裁判官:付加金は裁判所が認めてはじめて発生するものなので、請求内容は未払い分ですよね。請求額は例えば仮に満額まではいかなくても、ある程度請求額に近いものがでてきて和解できないというのは道義的にいかがでしょうか。
その辺りまできたら他の労働の事例と比べると十分すぎるように思うと言ったらあれですけど、そこまで判決に拘る必要あるんですかね。

原告代理人:ここまで主張証拠出してきまして、原告側としては、請求には十分理由があると思ってますし、まだ被告会社には働いている方も見えますし、同様な働き方をしている方世間にも沢山みえると思いますので判決には社会的な意義があると思ってます。

裁判官:原告の皆さんにとっては判決が大事だということですかね。支払われる金額がいくらかももちろん大事でしょうけど、重きは判決そのものにおいていると。じゃあ被告側が認諾してきたらどうしますか。

原告代理人:認諾、、、ですか。

裁判官:まあ例えば、例えばの話ですよ。原告の皆さんピンときてないかもしれないですけど、請求の認諾と言って、被告が原告の請求が正しいことを認めて裁判を終わらせるということですが、認諾調書作成して終わりになりますから判決にはならないんですが。どのみち判決にならないなら皆さんの目的に至らないわけで、少し譲歩しての和解なら被告もすぐに払うでしょうから早く回収して終わらせるっていうのも一つじゃないですか。

原告代理人:認諾の場合は仕方ないでしょうね。

裁判官:執行の問題はないんでしょうか。確実に回収できる見込みあるんですか。破産の可能性もあるわけで。

原告代理人:不動産もいくつか持っているようですし、最終的には社長の個人資産もあろうかと思いますので回収は可能と思っています。

裁判官:そうなった場合は実際回収にはすごく時間がかかると思いますが。とりあえず分かりました。被告呼んで話しますので原告は一旦退室してください。


ちょっと時間が経ってしまっているので記憶違いがあるかもしれませんが内容的には大体こんな感じです。
とりあえず弁論の終了は無かったことになった。そしてファイナルアタックなので裁判官からかなり露骨に和解迫られましたね(^_^;)
道義的にどうなんでしょうって、払うもの払わない会社に言うべきでしょ!請求の認諾なんて持ち出してこられるとは。その知恵まさか被告に与えるつもり?認諾なんてされたらブログ締まらないじゃん、なんの法的判断も下されずこの裁判の社会的意義が損なわれてしまう。

第105話 証人尋問終了!

また間隔が空いてしまい更新待っていた方すいません。令和最初の更新になります。
GWはしっかり休めましたか?

では、続き書いていきますね。


裁判官:被告代理人から他にありますか。

被告代理人:社長がスポットだよとおっしゃった携帯メールのやりとり、社長がたまたま頼みたいことがあり、頼んだことでたまたまこういったことがあったということで、日常業務ではないという意味でよろしいですよね。

社長:はい。

被告代理人:社長はそもそも会社動いてる時に夕方の時刻っていつもみえるんですか。

社長:私はこの5、6年は大体7時ごろには退社するようにしてます。

被告代理人:そうすると、その時間は原告の皆さん営業だから、会社に戻っている人もいるしまだ戻ってない人もいる。

社長:いろいろですね。社内全体見渡しても、僕は誰が何をしているか全然分からない。自分もいろいろやってますので、余り関知しないで帰ってましたね。

被告代理人:終わります。

裁判官:裁判所からいくつか質問します。車両手当なるものが支給されている方がいるみたいですけどこれはどういうものですか。

社長:自分の車を持ち込んだ人には2万円会社で手当出しているんです。これ車両手当です。

裁判官:手当が出ない方は会社の車を使っているということですか。

社長:そうです。あとは著しく外に出ない方もいます。

裁判官:朝礼での社内ルールの1ページの読み上げ、これは間違いないですか。

社長:読み上げたり、読み上げない日もあったんじゃないですかね。毎回かどうか僕も確認してない。いつからか読み上げるようになったり、やめたりとかいろいろしてます。何が何でもとかあまり考えていない。

裁判官:刑事事件になったり、今回の裁判だったり、そういったところ踏まえてなにか変えたところはありますか。

社長:もちろん36協定結んで、監督署の担当官に書面で労働契約結ばなきゃだめですよ言われて、それらが刑事事件の決め手ですからきちっとして法に従うようにしてます。

裁判官:今は残業代の支給しているんですか。

社長:残業しないように工夫してます。事務員さんはみんな定時で帰るっていうね。月曜日は8時半に朝礼やるけど、その分終業時間くりあげて早く帰るとか決めてやってます。

裁判官:ただ営業の方とかはやっぱりお客の都合あって夕方訪問したりで遅くなるんじゃないですか。

社長:それは時間が何十時間とか決まっていて、その分給料に入ってますよと。

裁判官:つまり固定残業代みたいな形でやっていると。基本給に含むのか手当なのか分かりませんが。

社長:そうです。社会保険労務士さんいれて、整備してもらいましたので、まあいいかなと思っているんですけどね。他社さんと大体同じような感じになったと思いますけどね。今どこもかなり一生懸命に整備してますからね。大体横並びにしないと社員も入ってきませんしね。

裁判官:本件では労働時間争われていて、それから展示場と訪問は事業場外みなしだと

社長:この件は、とにかく皆さん入社した際に、時間は自由にするんだよ、自分でコントロールしろよって。夜になってもそれはもう自分の時間でコントロールしなさいよという話していて、要するに成果が上がれば金払うからって、そういう大きな2大方針でやってきたので。

裁判官:ただ今はいろいろ改められたということなんだけども、本件に関しては残業代支払うっていうお考えはないのかなということなんですが。

社長:感覚的に無いんですけど、法で裁かれてこれだけ払わないかんよと言われたら払う必要あると思うんですよね。

裁判官:え、、はらう(;゜0゜)(口パク)

社長:当然法律に従う、なにがなんでもじゃなくてね。

裁判官:では本件の結果については真摯に受け止めて。

社長:もちろんそうです。

裁判官:では払わなくちゃいけないという結果であればそれに従うっていう考えってことですか。

社長:もちろんそうです。

裁判官:はい、わかりました。結構です。
双方、他にはよろしいですか。主張証拠も出尽くしかと思いますので本日で結審の方向でよろしいですかね。

原告代理人:構いません。

裁判官:被告もよろしいですか。

被告代理人:そうですね。

裁判官:では、このあと20分後に弁論準備室で最後の弁論準備手続期日開きますのでお集まりください。

以上、尋問期日終わり。

民事裁判には珍しいことに4人か、5人ぐらい一般の傍聴人がいたのですが、そのうち1人が帰り際に「ひっでえ会社だなぁ」と言いながら帰って行った。客観的にみてやはりそういう印象なんだなと安心した。

裁判官の社長に対する最後の質問は、あなた判決になれば負けますよって言っているように思えた。

このあとの弁論準備期日というのは、これまでの裁判を踏まえた最後の和解干渉である。裁判官にとってはなんとかあのながったらしく七面倒な判決を書かなくて済むように双方を歩み寄らせ折り合いつけて解決するためのラストアタックである。

次回はその状況書いていきたいと思います。








第104話 社長の反対尋問

社長への反対尋問書いていきます。


原告代理人:まず刑事記録についてお聞きします。刑事記録については真実を述べたということでよろしいですか。

社長:述べたというより、担当官が書いたのを認めたってことです。

原告代理人:甲58号証ないし甲60号証示します。労働基準監督署地方検察庁での供述調書ですが社長の署名押印がありますね。

社長:はい、しました。

原告代理人:そうすると、ここに書いてあることは間違いないですということで署名押印したということですね。

社長:はい。

原告代理人:今回被告は、不動産営業マンなので時間と関係なく働くべきで、なので残業代は支払ってないということでいいですね。

社長:ちょっと違うかなぁって感じですけどね。時間に関係なくお客様に呼ばれて行ったりするので時間はコントロールするということだね。

原告代理人:残業代を支払わないのは何故なんですか。

社長:時間は自分が自由に決めて、夜訪問する時はその前に休んだりとか自分でコントロールすることが前提ですので、そういうことです。

原告代理人:残業代は払いません、出ませんという規則はあるんですか。

社長:ありません。

原告代理人就業規則にそのような規定は無いんですね。

社長:ないですね。

原告代理人:会社ルールや業務標準書にもそのような規定はないですよね。

社長:ないと思いますね。

原告代理人雇用契約書にも書いていないですよね。

社長:雇用契約書は当時結んでおりませんので、ありませんので。

原告代理人:残業代、労働者には非常に重要なことですけどね。会社にとっても重要なことですよね。なぜ規定しなかったんですか。

社長:時間は自分で自由に決められて、時間のコントロールするんですよってことで、残業という概念が私の中にありませんでしたので。

原告代理人:日報についてお聞きします。社長は原告らの日報については後藤部長からメールで送られてきてましたよね。

社長:そうね。

原告代理人:社長もその中身確認してましたね。

社長:毎日ではありませんけど、まあ確認することありましたね。

原告代理人:社長としては原告らが当日なにをしたのか、そして翌日なにをする予定かということは知っていたということでよろしいですね。

社長:知っていたというと、毎日ってことになりますので、毎日は知らなかったですね、はっきり言いまして。

原告代理人:それはなぜですか。

社長:私が関心あるのは契約いつ出来るんだってことですから、毎日の業務についてはあんまり感知しなかったですね。

原告代理人:社長は日報にコメントを入れてますよね。

社長:時々。

原告代理人:甲9号証示します。俺さんの日報ですが、基本的にほぼ全ての日に社長のコメント入ってるんですけど。

社長:コメントって御苦労様ですとかでしょう。それは部長が代わりに書いてます。

原告代理人:でも社長も確認してましたよね。

社長:見る日もあれば見ない日もあります。私も他の仕事ありますので。

原告代理人:社長がコメントしてる日も当然ありますよね。

社長:そうです。

原告代理人:陳述書にもその当日とか翌日あるいは週末とかにまとめて確認してましたよというような記載があったかと思いますがそういうことですか。

社長:程度としては、私は契約が近いお客様がいれば励ましたりとか失敗しないようにとか考えていましたので、それは注意して見てましたけど、毎日のことはあんまり関心無かったです。

原告代理人:日報以外にも原告らが提出する月度重点報告書や週間予定表を確認してましたね。

社長:そうですね、それは本人達からの報告ですから確認してました。

原告代理人:そうするとそれらから原告の業務内容について把握してましたね。

社長:全体的にはしてませんけど、本人達が一生懸命やってることは実行されているかな程度の確認はしました。

原告代理人:会社ルールについてお聞きします。
先ほどマナーとか環境整備とか、接遇とかそういったものを規定するものであるとおっしゃっていましたけど、間違いないですか。

社長:はい。

原告代理人:甲34号証会社ルール示します。冒頭に「社員のルールであり、就業規則に規定されていない細目について定めているものである」とありますね。

社長:ええ。

原告代理人:この記載見ると就業規則に準ずるもの、その補足、重要なものだと思うんですが、そういう理解ではないんですか。

社長:いや、そんな位置付けはしてません。社員が自主的に作ったルールで、社員同士がきちんとした仕事できるようにというルールかなと理解してます。

原告代理人:最終的には社長もこのルール承認してるんですよね。

社長:承認というか、皆さんが作って、見て、いいねって話はしました。幹部が作ったものでもなんでもないですけど。

原告代理人:これは別に守らなくてもいいよ、参考にすぎないよって話を皆さんにしたことはあるんですか。

社長:そんなことしたこともないです。みんなで作ったものですから、尊重しなくてはならないと思ってます。

原告代理人:業務標準書についてお聞きします。
業務標準書についても、社長の考えとしては参考にすぎない、一つのモデルということでよろしいんでしょうか。

社長:モデルにすぎないというか、業務標準ですから大体こんな感じで仕事してもらいたいなっていう感じですね。そう重いものでも軽いものでもないです。

原告代理人:こう業務してもらいたいなってことは、要はそれは即ち会社のルールってことじゃないんですか。

社長:お客様によって営業の仕方、順番変わりますので適合できる事が少ないんじゃないですかね。標準はこうだからそれを基に判断してはどうかという指針です。目安ですね、目安。

原告代理人:基本的には従わないと駄目ですよね。

社長:目安ですから。基本原則ですから。時と場合によっては変化球も投げていかないと、お客様相手ですから。

原告代理人就業規則に準ずる会社ルールの中でも手順書、マニュアルに則りなさいねというふうに記載されてますよね。

社長:就業規則と業務標準は全然レベル違いますけどね。

原告代理人:直行直帰についてお聞きします。社長は原告らが自宅から展示場に直行するのは許していたんですか。

社長:自宅から直行することは無かったと思いますね。よっぽどの理由がない限りは。

原告代理人:そうすると原則は本社に出社しなさいと指示していたということですか。

社長:土日は直接展示場行ったりしてますね。

原告代理人:平日は原則本社に出社しなさいと指示していたということですか。

社長:そうですね。火曜水曜は休みの人も多いんで、月木金は大体そんな感じですね。

原告代理人:展示場における部長や次長の役割を教えてください。

社長:後輩の指導ですとか、同行してくれという要望に応えるとか。

原告代理人:各社員の相談に乗ったり、指示を出したりとかそういうことですか。

社長:基本的にはそういうことですね。

原告代理人:訪問営業についてですけども、原告らの訪問営業に行く訪問先についても日報で把握してましたね。

社長:把握というよりは、契約が前提になってくると注視してました。

原告代理人:翌日の訪問予定についても把握してましたよね。

社長:いや、してません。

原告代理人:してないんですか。

社長:はい、それは部長の仕事ですから。

原告代理人:営業社員に携帯やノートパソコンを貸与してましたね。

社長:はい。

原告代理人:そうすると、営業社員が本社にいなくても、展示場にいるときでも、訪問に出ている時にも社長も連絡がとれたわけですね。

社長:もちろん、もちろん。

原告代理人:実際に原告らに社長が連絡をとったことは。

社長:年に数回ぐらいじゃないでしょうか。

原告代理人:どのような連絡を。

社長:僕はスポット的なお手伝い仕事を1時間2時間程度の仕事をあれやってこれやって出来たら報告しろみたいな感じで連絡することあったりしますけど、通常の営業活動ではそんなことはいちいちしませんし、出来ようもないです。

原告代理人:甲50号証1ないし4示します。俺さんと社長の携帯メールのやりとりです。

社長:ええ、これはスポット仕事でしたね。

原告代理人:ということで間違いないですか。

社長:ええ。

原告代理人:このようにショートメールのやり取りはしてたんですか。

社長:これはスポットでやっただけで、年にそう何回もあったことではないです。

原告代理人:従業員みんな持ってるわけなので連絡すること自体は可能なわけですよね。

社長:そうです。連絡は可能です。

原告代理人:原告らが本社に帰社したあと、その後に働いてるわけじゃないですか、社長の席から営業社員の島は見えますか。

社長:見えます。全部見えますよ。一部屋ですから見る見ないじゃなくて。

原告代理人:そうすると社長としては、営業社員が日報を送った後も働いてる姿は当然見てるわけですよね。

社長:働く姿ですか、、、。

原告代理人:はい。

社長:それは確認してません。日報を送ったどうかも見えませんし。

原告代理人:社長としては社員の席から営業社員の島が見えるということなので、原告らが働いてる姿が見えるじゃないですか。

社長:働いてるかどうかは分かりませんけど、机に座っている姿は見えます。

原告代理人:もし働いていないなら早く帰れと注意しませんか。

社長:余分なことはいいません。自コントロールは自分でしますから、余計なこと言ったら怒られちゃう。

原告代理人:朝礼についてお聞きします。社長としては朝礼はどのような位置付けなんですか。

社長:これはコンサルタントから言われたんですが、意思統一とか、声出して朝の元気を上げるとか、モチベーションとかそういった意味があると思います。

原告代理人:業務という認識でいいですね。

社長:業務という認識は無かったんですけどね。

原告代理人:では仕事の一環であるという認識でいいですか。

社長:モチベーション、モチベートというイメージ。

原告代理人:最後に業務標準書について補足ですけど、これは参考にすぎないってことは皆さんに言っていましたか。

社長:参考にすぎないって話はいっぺんもしたことないです。目安として利用してくださいとは言ったと思います。

原告代理人:終わります。


被告代理人弁護士が、ああ、余計なこと言わないでくれとil||li(つ∀-;)il||li ずっとこんな顔していたのが印象的でした。

これまで認めてこなかったこと、例えば部長が展示場で指揮監督していたことや、貸与した携帯を指示や連絡、報告に使用していたことなど、認めてくれちゃったので良かったです。
文字大きくしたところはちょっとやりとりが面白かった。
次回は、被告の補足尋問と裁判官質問書いて尋問編終了としたいと思います。