社畜よ、武器を持て【未払い残業代請求裁判ブログ】

未払い残業代請求と解雇無効確認の裁判中の元社畜によるリアルタイム奮闘記! 今まさにブラック企業で働いている方、これからブラック企業と闘わんとしているあなたへのバイブルにも!

第86話 結集

証人(本人)尋問の2週間前。


朝から夜まで丸1日、弁護士事務所で打ち合わせ。

裁判が始まってからはじめて原告5人全員が一堂に会したのだった。

5人揃って、
残業戦隊セイキュウジャー集結
ださ...。


前にやめていた2人は緊張したおももちだったので、久しぶりだね、今何してるのぐらいの挨拶を交わすぐらいで特段多くを語り合うことはなかった。

証人(本人)尋問は、
書証で明らかになっている部分以外の不確かな部分や書証ではまだ不十分なことを証言によって補完するものだ。

こちらは書証が腐る程ありほぼ明らかにしちゃっているので、通過儀礼というか茶番みたいなもの。
被告側はここを頑張らないとなんともならないので躍起になってやってくるだろう。


証人(本人)尋問には主尋問反対尋問がある。

主尋問
主尋問とは、当事者が証人を交互に尋問する場合において、その証人尋問を請求した当事者が最初に行う尋問を意味する。有利になるような証言を引き出す。

反対尋問
証人の尋問を請求した当事者による主尋問のあとに、相手方当事者が行う尋問。不利になるような証言や主尋問での証言の信憑性を失わせるような証言を引き出す。



主尋問については先生がすでにある程度考えてくれていた。こういう質問をしますということで、1問1問どう答えるか擦り合わせした。
擦り合わせといっても別に嘘をつく相談ではない。語ることが真実か嘘かなんて、歴戦の裁判官にはお見通しなのだ。
もう時間が流れてしまって忘れていることを思い出したり、こう答えた方が伝わりやすいとか適切な表現だとかそういうことを1問1問やっていった。

特に何年の何月にこれがあったとかは結構間違えやすい。間違える度にもうそんなに経っているのかと思った。

お昼を挟み、ひと通り答えを作ったところで、実際にシミュレーション。
先生が質問をし、そして俺が答える。シミュレーションだが結構緊張するし、ひりつく。さっきまで和気あいあいと打ち合わせしてたのに。

やってみて感じたのは、人間とは素直なもので緊張が増した時、少しでも確信できないことや曖昧な記憶はなかなか言い切ることができない。
~と思う、~と認識している、~だと感じた。と言ってしまいがちだ。多少あいまいなことなら言い切ってしまった方が真実味が増すし自信があるように感じられるよな。気をつけよう。

反対尋問に関しては、相手が何を質問してくるかは相手のみぞ知ることで予測でしか対策できない。それほどないが聞かれたら困ること嫌なことを磯野が考えてくれて少しばかり練習した。

あっという間に夜になり、
あとは、当日になってみなきゃ分からない!
想定外のことは、アドリブで乗り切ろう!

あ、そういえば、、、

松田さんが切り出した。


かばんの中にこんなものがありました。


俺はびっくりした。


そ、それは!!めっちゃ探してたリーフレットじゃないですか!!


俺たちは顧客訪問のついでに、営業用のリーフレットを毎週50枚近隣に配るよう義務付けられていた。
これは訪問という事業者場外でも仕事量が多く使用者の目の届かないところで、休憩したりサボったりできなかったことの裏付けとなる重要な事実だ。
しかし肝心要のリーフレットを会社を辞める際に全部捨ててしまい、探しても探しても見つからなかった。
今になって重要な証拠がまたひとつ。

すぐに証拠提出するよう先生にお願いした。

こうして尋問を前に必殺となる武器を手にしたのだった。




決戦の日は近い。

第85話 尋問に向けて

今月の期日が終わりました。


・ワンオペ(一人出勤)であった日については原告被告で合意書面が作成され提出されました。提出。(あくまで一人出勤であった日の合意で休憩がとれたことは被告は争う)

・文書送付嘱託申請していた刑事事件記録が検察からこの日までに届き、裁判所に証拠提出。

・本人尋問証人尋問期日が予定通り来月初旬に確定し、時間配分も決定。(朝からはじまり昼休憩を挟んで夕方までの長丁場です。)

・争点整理メモの最終版を原告被告双方提出。
(争点整理メモがどういうものかは多分69話あたり)
新たに増えた主な争点としては、役付手当の金額ですね。(80話参照)

原告の主張
給与規定上、主任の役付手当は毎月1万5000円が支払われなければいけないところ、5000円しか支払われていなかった。

被告の主張
役付手当1万5000円が支給されるべきであった点は否認する。
原告に支給した役付手当は給与規定上の役付手当では無く、社長が便宜上体外的に主任という肩書を与えていたので、これに配慮して月5000円を支給していたものである。

被告の反論にはあきれて笑ってしまうぐらい正直なにを言っているのかさっぱり分からない^^;


まあ、被告のごまかし、言い訳、嘘は、尋問で醜態を晒すことになると思うので楽しみにしましょう。
準備、打ち合わせをしっかりして、尋問にのぞみたいと思います。

そういえばこれまでずっと弁論準備手続期日で裁判とはいえずっと非公開だったわけで、ここにきてついに公開の法廷で行われることになるんだなぁ。
当日は法廷のあの独特な空気に緊張すると思うけど、後悔ないよう頑張りたいです。


第84話 終盤戦

久々の更新です。

刑事記録を弁護士会請求で取り寄せてもらいました。

内容は詳しく言えませんが、やはり供述調書では民事でのこれまでの被告主張と矛盾することが語られていて、すごく有力な証拠となりそうです。

労基署も捜査報告書の中で事業除外みなし労働の適用を明確に否定していました。

ただこのままこれを民事に証拠提出すると、刑事記録の目的外使用や被告のプライバシー保護の観点から刑事訴訟法などの法令に引っかかる恐れがあるとかないとか(個人的には無いと思うのだが)で念のため、裁判所に書類送付嘱託を申請して、裁判所の権限で裁判所から検察に対し民事の証拠として取り寄せてもらうことになりました。


今月は期日があり進展がありました。
①双方がこれまでの主張を纏めた陳述書提出。
②ワンオペの日についておおよそ合意が形成でき次回6月の期日調書に合意事実として纏めることに。
③証人尋問の日時が7月に決定。時間配分も大枠で決定。直前の次回期日で尋問内容の詰めと争点の最終確認をすることに。



書類送付嘱託がまだ来てないので、被告の弁護士は刑事記録に何が書かれているかまだ知らないわけですが、すでに出してしまった陳述書の内容と全く整合とれないけどどーするんだろう^^;
頭抱えるだろうなぁ。(´-ω-`)


いよいよ、終盤戦って感じです。大分見えてきました。


ここにきて詳しくかけないことも増えてきて、ブログも停滞気味ですが途中でやめないので見守っていただければ幸いです。

ちゃんとほぼ毎日開いてチェックしてますので、コメントいただいた場合は早めにお返しします。

第83話 見当違い

略式命令が出たことが分かり、告訴の際に大変お世話になった労働基準監督官にお礼の電話を入れた。



俺:もうご存知かもしれないですが、おかげさまで罰金刑を確定させることが出来ました。民事はまだ続いていますが一段落です。他の皆も代表して感謝申し上げます。ありがとうございました。本当にお世話になりました!


監:そうですか。よかったですねぇ!わざわざご報告いただきありがとうございます!


俺:本来なら直接監督署までお礼に伺うべきと思いますが、電話で失礼します。


監:いえいえ、そこまでしなくて大丈夫ですよ(笑)今は新しい環境で頑張ってますか?不自由ないですか。


俺:ええ、はい、おかげさまで!新たな環境でとりあえず良い毎日を送れています!


監:それは何よりです。


俺:ついでに、ひとつ質問があるんですが。


監:なんでしょう?


俺:民事終わって判決で未払いが確定したら、今度は残業代未払いを刑事告訴しようと思っているんですが、公訴時効の起算点はやっぱり給与支払日からとなりますか?


監:そうなりますねぇ。最後の給与支払い日から考えれば、まだ時間はあるのでそこはまだいいとして、時効のことよりも大きな懸念は、民事が確定したら会社もおそらくは払うんでしょうから、この場合は送検したとし被害弁済がされているとしてこの件はやっても起訴猶予になるんじゃないかなと思いますねぇ。


俺:それは想定外でした...。民事やってる間は、刑事介入できないから民事でやってくれと言われて、民事が終わったら被害弁済が済んでいるから罪に問えないって、労基法機能してないじゃないですかって思いますが。


監:まあ、未払いについての罰則規定が想定しているのは、月の給料が全く払われないとか、会社の支払い能力が無くなり回収見込みが全く無いとかそういうことなんじゃないかなと思いますねぇ。


俺:なるほど、なんとなく理解できました。この線は諦める方向にします。本当にありがとうございました。






基本的には債権債務なので民事で解決が計られるなら民事で解決すべき事で、それが解決していれば刑事に持ち込む理由がもはやなくなるということか。
言われてみれば分からなくはないが。民事が終わって、すごい金額を払ったところにいわば泣きっ面に蜂、トドメをお見舞いしようと思っていたが
どうやらそれは叶いそうに無いらしい。新たな蜂を見つけよう。



第82話 1年前の絵図

昨日に続いての更新!


労基法違反事件(36協定締結無しで時間外労働、休日労働させた)が略式起訴されて約1ヶ月が経った。
大体1ヶ月ぐらいで簡易裁判所から略式命令(判決に相当するもの)が出ているはずなので地検に問い合わせた。


結果、

略式命令はもう出ていて(罰金刑が確定)、事件書類は地検に戻ってきているので事件記録は地検に閲覧、謄写(コピー)の請求をしてもらえれば見られますとのこと。


良いタイミングだ。

もちろん民事に加え、刑事的にも被告(会社、社長、部長)にも責任を負わせたいという想いもあったが、民事裁判(未払い残業代請求)の証拠として、供述調書を提出したいというのが本丸だった。1年以上も前からそんな絵図を描いていたわけだが、ついに実を結びそう。ここまではほぼ意図した通りにことが動いた。


略式起訴、略式命令についてもう一度おさらいしておくと、

略式手続きとは、
検察官の請求により,簡易裁判所の管轄に属する(事案が明白で簡易な事件)100万円以下の罰金又は科料に相当する事件について,被疑者に異議のない場合(検察が被疑者から同意書を取り)、正式裁判によらないで,検察官の提出した書面により審査する裁判手続です。
簡易裁判所において,略式命令が発せられた後,略式命令を受けた被告人は,罰金又は科料を納付して手続を終わらせるか,不服がある場合には,正式裁判を申し立てる(略式命令を受け取ってから14日間以内)ことができます。


今回、罪状について異議が無く、罰金刑が確定したわけだ。
つまり、民事では残業があったかなかったかを争い、残業は無かったと主張しているのに、刑事では残業があった事実をあっさり認めているといえる。 \_(・ω・`)ココ重要!

これは明らかに矛盾していることなので有力な証拠になり得るわけだ。


さあ、労基署、検察の取り調べに対し、被告は何を語っているのか。楽しみですね。

第81話 ゴールまでの道筋

1ヶ月以上ぶりの更新。長く空いてしまいすいません。


次の更新まで間隔が開くと思っていたので前回総集編を書いたというのもありまして。内容を忘れてしまった方は前話のダイジェストを見て復習して下さいね^^;




と書くことになることは想定していた。




3月の上旬、約2ヶ月半ぶりに弁論準備期日がやってきた。


前回の期日では裁判所から原告と被告が、協議の上、ワンオペ日についてまとめた一覧表を作成し、合意書面として裁判所に提出するように指示がありました。


この間俺たちは被告から出てきたワンオペに関する資料(他の従業員の日報や出勤状況の表)を精査してワンオペの日を特定し、ワンオペ日を合意すべく被告にボールを投げた。

そして早期に証人尋問に移行すべく陳述書なるもの(これまでの裁判での主張を口述的にまとめたもの)を作成し裁判所に提出し、

未払い残業代を(法定休日割増や確定している利息を反映し)計算し直し、終局的な計算書を裁判所に提出もした。


しかしワンオペの特定につながる資料の開示以外には、被告からは何らの動きもありませんでした。


そして期日当日。今回は原告からは弁護士の先生と松田さんが出席。後ほど報告がきました。


出席者

裁判官

書記官

被告訴訟代理人

原告訴訟代理人

原告 松田

 

内容

今後のスケジュールについて以下のように決まりました。


4月下旬まで:被告が、社長と後藤部長の陳述書を提出。原告、被告両者が、尋問の人証申請。


5月某日:弁論準備期日(被告が陳述書と、原告の訴えの変更申立書に対する答弁を記載した準備書面陳述、ワンオペ最終合意)


6月●日(まだ未定)まで:争点整理メモを再提出


6月中旬:弁論準備期日(争点整理終結、尋問の進め方についての打ち合わせ。)


7月初旬(具体的な時間はまだ未定):尋問期日※ただし仮で、正式決定ではない。

 


ワンオペの日についてはおおよその部分については争いはなく、争いの生じる部分については最終的には裁判官に判断してもらうこととし5月の期日に合意可能とのことでした。被告としては、ワンオペはワンオペの日で争うわけではなく、仕事内容で争うような事を言っています。一人でもトイレや自由に外出出来ただろうという事でしょう。


裁判官によりますと、今回の事件は、膨大な事実関係が出ており、争いのない点、ある点を裁判所、原告、被告間で明確にしたうえで、争いのある点について集中的に尋問する必要があるため、尋問前に争点を確定させたいとのことです。また、尋問を一日で終えるために、効率的な尋問方法も三者間で協議したいとのことです。

 

以上の通り、夏期休廷前に尋問期日を仮で入れることができて、判決までの道筋ができた点については、良かったと思いますが、やはり時間がかかってしまう点については誠に申し訳ございません。

 


 

尋問について

陳述書をもとに、例えば


展示場での仕事内容

訪問営業の仕事内容

本社に帰社後も時間外労働をする必要があったこと

タイムカード打刻の状況

解雇の際の経緯


ということを確認していくことになりそうです。

尋問前の6月下旬に打ち合わせましょう。

 以上



裁判終結に向けたスケジュールが明確になった!しかしまだまだかかるなぁ…。

これまでのダイジェスト。一気読みもここからどうぞ!

最近見始めた方のために、ここらでここまでのお話をダイジェストにしてまとめておこうと思います。



およそ4年前、住宅会社に転職。

↓↓↓

最初の給料日、給与明細を見るとしたはずの残業代が一切ついていなかった。
疑問を感じつつも、入社したてで何も言えずとりあえず働き続けた。
仕事はどんどんハードになっていく。ほぼ毎日22時頃~日付が変わるぐらい、時には未明まで働く日もあった。月の残業は100時間を超える月も時々あった。しかし毎月給料は定額。

↓↓↓

やんわり問いただしても、上司や社長は、みなし残業だ、裁量労働だと言う。

↓↓↓

エンドユーザー相手の仕事は喜びもたまにはあった。今思えばいわゆるやりがい搾取をされていたわけだが。

↓↓↓

そんな会社だから入って会社のブラックさに嫌気が差し後輩が2人会社を辞めた。

↓↓↓

後輩2人が労基署に情報提供及び内容証明で未払い残業代を請求。

↓↓↓

会社に労基署から調査が入る。
主に雇用契約書が無いことを指摘されたようだ。
(あれだけ残業や休日出勤をさせていたくせに36協定も締結していないことも同時に判明)

↓↓↓

会社(社長)から従業員に対し、雇用契約書を締結することをそれぞれ個別面談で持ちかけられる。

↓↓↓

詳しい説明は無く、ほとんどの従業員が言われるがままに提出。

↓↓↓

しかし、この雇用契約書、賃金の総額はもらっている給与の額と同じであるが、調整給を大幅に減額し、突如、職務手当(法定時間外の割増賃金としておよそ60時間分)として職務手当を定額残業代に位置付けて増額して残業代の発生を抑止する(かつ今まで残業代が発生して事実を上書き保存により隠蔽する)罠であった。

↓↓↓

それに気付いた俺達3人(俺、同僚の磯野、松田)は、提出を拒み、会社に雇用契約書の修正要望と質問状を突きつけた。

↓↓↓

当然まともな回答は無く誤魔化しに終始。

↓↓↓

この段階で弁護士に相談。証拠集めを開始する。

↓↓↓

一通り証拠が揃った頃、雇用契約書の締結を焦ったのか俺達3人揃って社長から呼び出される。

↓↓↓

社長、営業部長、人事課長の3人であの手この手で俺達に圧力を掛けてくるが、冷静にいなしながら雇用条件の不利益変更を追求し60時間の固定残業代は今の給料に上乗せでなければ、雇用契約書にサインしないことを告げた。そして今まで発生している残業代が未払いなので請求する旨を伝えたのだった。

↓↓↓

話し合いは決裂!

↓↓↓

この話し合いの後、3人揃って退職願を部長に叩きつけた。(有給休暇取得後に退職する退職願)

↓↓↓

しかし、会社はこの退職願を受理せず、この翌々日付での解雇という暴挙に出るのであった。

↓↓↓

解雇もあるやもと予期していた俺達は、解雇までの短い時間、会社から貸与されたPCからメールや日報等の証拠資料の抜き取りを完了させ、万が一俺達に不利に働くような情報を会社に取られないよう、PC内のほとんどのデータを消去した。(GoogleChromeexplorerまでもアンインストールw)

↓↓↓

「きっと後悔しますよ」の捨て台詞を社長に言い放ち、俺達は会社を去った。

↓↓↓

すぐさま内容証明で通知分を送り、残業代を請求し、時効の進行をストップ。

↓↓↓

裁判所に訴状と証拠を提出。いよいよ舞台は法廷に持ち込まれた。

↓↓↓

先に辞めた後輩2人も先に訴訟提起しており、被告も代理人弁護士も同じであるため、5人分同時に審理することとなった。

↓↓↓

会社からの主な反論としては、
労務時間管理は各自に任せてノータッチであり、事業場外みなし労働が適用されること。
②残業指示をしていない。
③従業員が残業と主張しているところ、労働実態が無いこと。(つまり残って仕事しているんじゃなく、遊んでいただけ)
④タイムカードは労働時間の把握に利用しておらず、勤務日数の把握に使っていただけ。
⑤解雇は不当では無く、著しく業務成績が悪かったためであり正当である。

↓↓↓

証拠と主張をどんどん積み上げて会社の反論を潰していく。

↓↓↓

それでもクソみたいな反論を繰り返す、会社に対してイラついた俺達は、刑事でも会社を咎めることにした。

↓↓↓

労基署に告訴状を出した。罪状は36協定の締結無く、1日8時間、1週40時間を超えて労働させた労基法32条違反、休日労働させた35条違反。
法人である会社と社長だけでは無く、会社のイヌに成り下がり、部下を一切守ろうとしなかった営業部長(労基法10条規定「使用者とは労働者に関する事項について事業主のために行為するすべての者」)も合わせて告訴した。

↓↓↓

4ヶ月後、書類送検となる。

↓↓↓

民事は提訴してから半年ほど進んだところで、裁判官の圧力ススメと分の悪さから、不当解雇については会社は和解を望んできた。

↓↓↓

不当解雇の取り消しと、和解日での退職、解雇から和解日までの賃金相当額、会社負担分の社会保険料、有給休暇が取れなかっ分の金銭保証を勝ち取る。

↓↓↓

しかしそれだけでは終わらせず、全体朝礼で現従業員に対し、俺達の解雇が不当だったことの説明
と謝罪、今度二度と同様のことを行わないよう宣言することを和解事項に盛り込み、履行させたのだった。

↓↓↓

今年1月下旬、刑事の方は、会社、社長、営業部長の略式起訴が決定。罰金刑がほぼ確実となった。

↓↓↓

未払い残業代については引き続き裁判中。俺の未払い残業代約500万円+α(付加金、遅延損害金)の行方は!?いよいよ大詰め?



これでもめちゃくちゃ端折ってます。

もっと詳しくという方には一気読み用に下に全話URL貼っておくのでどうぞ!


プロローグ     1話    2話    3話   4話   5話  
6話   7話   8話   9話   10話