読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社畜よ、武器を持て【未払い残業代請求裁判ブログ】

未払い残業代請求と解雇無効確認の裁判中の元社畜によるリアルタイム奮闘記! 今まさにブラック企業で働いている方、これからブラック企業と闘わんとしているあなたへのバイブルにも!

これまでの経緯27 さぁ、追撃!

前回のつづき

未払いの残業代の算出が終わり、金額も入れた具体的な請求を送り、追撃することに。


内容がこちら↓




〇〇〇〇ハウス株式会社

代表取締役 〇〇〇〇 殿


ご連絡


平成28年〇月〇日

〇〇〇〇法律事務所

                                  俺氏代理人

弁護士  竹下   〇〇


    前略


    当職は俺氏(以下、通知人といいます。)の代理人として、通知人の貴社に対する解雇無効等確認請求、未払賃金等請求について以下のとおりご連絡します。


    通知人が保有する資料を元に平成26年〇月分給与から平成28年〇月分給与における未払賃金等の金額を算出したところ、別紙計算書のとおり元利合計460万円を下りませんので同額のお支払いを請求致します。


   正確を期するためこれらの期間の給与額が分かる賃金台帳をご開示下さい。


    また別紙計算書では、休憩時間を1時間と記入していますが、通知人はモデルハウスにおいて一人で業務を行うことがあり(以下、ワンオペといいます。)、ワンオペの日においては、来場者(顧客、業者営業、宅配業者、保守管理会社、運営会社等)や電話への対応を義務付けられており、外出等も許されず休憩時間を自由に利用する事が出来ませんでした。

   

    労働基準法第34条第3項は休憩時間自由利用の原則を定めており、裁判例、通達も休憩時間について、労働からの解放が保証されている時間と定義しています。

    

    したがってワンオペの日の休憩時間をゼロで入力し直した上で未払賃金の増額分についても請求予定ですので、通知人がワンオペであった日をご開示下さい。

    

    さらに、休日割増賃金算定のため、法定休日を明らかにしていただくことも求めます。その後休日割増分について請求させていただきます。


   以上の要求について、誠実な対応がいただけない場合、通知人は貴社に対してやむを得ず民事訴訟その他法的手続きにより未払賃金、遅延損害金全額はもちろんのこと付加金も請求せざるを得ませんので予めご了承下さい。


草々



シカトを決め込んでくるのは折り込み済!



次回は、ついに訴状を作成



    





これまでの経緯26 未払い残業代の金額がヤバいことになってる

 暫定で未払い残業代の計算が出来たとの弁護士からの連絡があった。



それぞれの給料日翌日からの遅延利息年6%を加算し、その未払い残業代の額は、、、



460万余円也


ヮ(゜д゜)ォ!


これに支払いがあるまでさらに年6%利息が加算されていくとのこと。
(本来、退職翌日からは遅延損害金年14.6%で加算するのだが、解雇無効での復職を前提に争っているため退職は無く継続して在職していたことになるため年6%となる)



解雇が無効になれば、ここにさらにバックペイ(解雇から無効になるまでの給与)+遅延利息が発生。

期待はしていないが、判決で付加金が付くことになれば未払い残業代についての元本部分が最大で約2倍になる。


最終的に一番貰えるケースは1000万円を超えてくる計算。


俺一人でこの金額なのだ。



他4人は在職期間が短く未払い残業代が少なかったり、解雇されてなかったりもあるが、全員合わせた場合、会社が最大負担するケースはざっくり勘定でおそらく3000万円を超えるのではなかろうか。


付加金やバックペイを除いて、5人の未払い残業代合計だけで1500万ぐらいになっているはず。


すごい金額。



この間、内容証明で送った通知書には会社からなんの返答も無し。



次回、この計算を元にさらに内容証明で具体的な請求を送り追撃です。

これまでの経緯25 裁判を傍聴したよ

俺達よりも前に残業代請求のため会社を辞めた2人が先に起こしている裁判の第1回口頭弁論が始まるということで傍聴に行くことにした。


弁護士さんの話によれば、今後俺達が訴状を出した場合、被告が同じで請求内容も大体同じであるため彼らと同じ期日でまとめて俺達の裁判も行われ合わせて審理されることになるだろうとのこと。


裁判がどういうものなのか、会社はどんな主張をしてくるのか。見ておきたい。
松田さんが2人から期日を聞いておいてくれていた。


裁判所に到着。


開廷表をチェックし、部屋番号を確認。



部屋に入ると裁判官以外はみんな揃っており準備万端のよう。
弁護士の竹下先生と目が合う。傍聴に行くことを特に伝えて無かったので少し驚いた様子。軽くお互いに会釈。
被告代理人(相手の弁護士)は結構年配のベテランだ。なんでも弁護士会の中では結構偉かった人だそうな。
傍聴席には他にオタクっぽい傍聴人が2人。どこにでもいるんですね傍聴マニア( ̄▽ ̄;)


裁判官が入ってきた。その瞬間みんな起立。
慌てて俺達も起立。裁判官が礼をしたら礼をして裁判官が座ってみんな座る。なんかそういうしきたりみたいです。



裁判官:では始めます。原告代理人は訴状記載のとおり陳述でいいですか?


竹下先生:はい、訴状記載の通りで。陳述します。


裁判官:はい、陳述しましたと。



いやいや、ちょっと待て!陳述してないだろ!と心の中でツッコミをいれた。
(民事訴訟の場合は、簡略化のために、事前に提出されている書面の場合は陳述しますと言うだけで、裁判で読み上げたことになるらしいです)


裁判官:被告代理人は答弁書のとおり陳述でいいですね。


被告代理人:はい。答弁書のとおりです。


裁判官:じゃあ被告は原告の請求棄却、追って答弁ということで。原告から出ている書証確認します。  


その後みんなブツブツ言いながらファイルをペラペラしたり原本確認させたり。


裁判官:原告代理人から何かありますか?


竹下先生:残業代の計算書提出してますが、残業代計算する上で休日と週の始まりが分からないので休日カレンダーが欲しいのですが。あると思うのですが事前交渉時に被告会社に連絡しても出してもらえなかったので。


裁判官:被告代理人どうですか。


被告代理人:被告会社に確認します。


裁判官:被告代理人は今後どういった点を争う予定ですか。


被告代理人:まず事業場外みなし労働制の適用ですね。


やっぱりきたー!


裁判官:そうですね。そこが争点になりそうかなと思います。他になにかありますか。


被告代理人:あとは、労働実態を。


裁判官:労働実態というと。


被告代理人:原告が残業としているところ本当に仕事している実態があったのかという点で。


裁判官:どのようにされるつもりですか。やり方はいろいろあると思うんですが。


被告代理人:うーん、それはどういうふうにできるか分からないのでそれも含めてこれから...。 


裁判官:例えば1日のうちこの時間帯は業務外として、あとは全体に当てはめて概算で引いていく方法や、しっかり1日1日日報などを元に全ての日について労働した実態が無いであろう部分を突きつめていく方法なんかが考えられるかなと。後者は大変だと思いますがやられるおつもりかなと。やられるならそれはそれで良いと思いますが。


ちょっと平然と何を言ってるのか分からない^^;
人が一生懸命働いた残業時間を概算で削るとかw
そんなのありなんですか?


被告代理人:基本的には1日1日について。出来ない部分については概算も。1人については途中で部署が変わったりもしているので、まだちょっとどうやったらよいか分かりません。


裁判官:分かりました。では次回期日を決めましょう。1ヵ月後ぐらいでどうでしょう。


被告代理人:もう少し先でお願いします。


裁判官:では〇月〇日でどうですか?


竹下先生:お請けします。


被告代理人:差し支えます。


どんどん延びていくw


期日のやりとりが続き


裁判官:では次回期日〇月〇日で書面提出は1週間前の〇月〇日で。被告代理人は訴状に対する認否を提出するということで。


大体15分ぐらいで裁判終了。



終わったあと竹下先生とやりとり。


竹下先生:見にこられたんですね。内容分かりました?


俺:なんとなく大体は。


竹下先生:みなしと労働実態で争うということで、全面的に争ってくる姿勢なので思っていたよりちょっと時間かかるかもしれません。


俺:どれくらいですか? 


竹下先生:もしかしたら1年ぐらい、、、。


俺:長いですねw


竹下先生:解雇については生活もあるでしょうし和解の線も考えながらなるべく早くしたいと思います。


俺:お願いします。



つづく。



これまでの経緯24 時効よ止まれ!内容証明を送ったよ!

弁護士から受任通知と残業代請求を兼ねた通知書の文案がメールで送られてきた。


メールや電話で打ち合わせし修正を重ねて、完成!送ってもらうようお願いした。


これで未払い残業代については時効中断となる。


(未払い賃金債権の消滅時効は2年のため請求した証拠がないと2年前の支払日のものから消えていく)



送った通知書文がこちら




〇〇〇〇ハウス株式会社

代表取締役 〇〇〇〇 殿

通 知 書

 

前略 

1 はじめに

  当職らは、貴社の従業員である俺氏(以下「通知人」といいます。)から、貴社による通知人に対する解雇の無効確認等請求、通知人が貴社に対して有している未払い賃金請求につき、委任をされ、通知人の代理人となりましたので、本書面をもってご連絡いたします。

  今後、本件につきましては、担当弁護士の竹下宛にご連絡していただきますよう、お願い申し上げます。

 

第2 解雇無効確認等請求について

 1 雇用契約の存在

貴社は、平成25年〇月頃、通知人を期限の定めなく雇用しました。

 2 退職願の提出と解雇の通知

   通知人は、貴社に雇用されて以降、貴社において労務の提供をしてきました。

しかし、通知人は、貴社から残業代が一切支払われてこなかったことや、貴社から定額残業代制度を導入することを主眼とする新たな雇用契約書に署名押印することを求められ(日付を空欄とするように求められました)、署名押印しないと解雇すると言われたこと等の違法、不当な扱いを受けたため、平成28年〇月〇日、貴社に対し、退職年月日については「有給休暇、代休の消化後」、退職理由については「一身上の都合による。」という内容の退職願を提出しました。

それに対し、貴社は、平成28年〇月〇日、通知人に対し、同月▲日限りでの解雇を通知しました。

 3 解雇が無効であること

   労働契約法第16条は、「解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。」と規定しています。

   貴社は、平成28年〇月〇日付解雇理由証明書の中で、通知人について、「勤務態度又は勤務成績が不良であること(具体的には、給料に見合う稼ぎがなく〔生産性低い〕、数年育成努力したが必要能力も取得できなかった。特に今年に入って受注が無く、著しく自覚、自己認識に欠けていた。部下育成に期待し昇格させたが、赤字社員の見本となり大きなマイナスを与えている。業界は今最盛期にかかり社の受注額は予断を許さない状況にあり、これ以上の損失は出せないと判断したので解雇した)」から、就業規則第〇〇条に該当すると述べています。

   しかしながら、そもそも、貴社においては、不動産の販売営業という性質上、半期に1件受注できれば良い方とされていました。

   そのような中、通知人は、前期や前々期の受注について好成績をあげ、今期も、部下と一緒に顧客を訪問し、受注の助けをするなど、貴社の業績に貢献していました。

   したがって、通知人は勤務成績又は業務能率が著しく不良とは言えず、就業規則第〇〇条の要件に該当しないものと思料します。

また、「社会通念上相当である」ということについて、裁判所は、一般的には、解雇の事由が重大な程度に達しており、解雇のほかに手段がなく、かつ労働者の側に宥恕すべき事情がほとんどない場合にのみ解雇相当性を認めています。そうすると、本件において、かかる事情があるとは考えられません。

 4 解雇予告手当の返還について

   また、通知人としては、解雇が無効であり、解雇予告手当を貴社に返還したいと考えておりますので、返還先の口座を教えていただきたく存じます。

 5 小括

   以上の通り、貴社による解雇は無効であり、退職願記載の通り、有給休暇、代休の消化後に退職することを求めます。

 

第3 未払い賃金等請求について

  通知人は、貴社において、時間外労働等を行ってまいりましたが、貴社からは、これに対する割増賃金が支払われておりません。

周知のとおり、使用者は、労働基準法37条(なお、同条は強行法規とされています。)により、1日につき8時間または1週間につき40時間を超える労働については、時間外手当として、通常の賃金の1.25倍の割増賃金の支払義務があり、休日労働については1.35倍、深夜10時以降の時間外労働については1.5倍の割増賃金の支払義務を負い、これらの支払いを怠った場合、年6%による遅延損害金、従業員が退職した場合は従業員の退職日の翌日から支払日まで年14.6%による遅延損害金が加算されます。そして、労働基準法24条1項で、賃金は、その全額を支払わなければならないという賃金全額払いの原則が定められております。

しかるに、貴社は通知人に対し、恒常的に、時間外、深夜及び休日労働の賃金について、割増分のみならず、所定労働時間の超過部分に対応する賃金を支払っておりません。

したがって、通知人は、貴社に対し、平成26年〇月分給与(同年〇月25日支給分)から平成28年〇月分給与同年〇月25日支給分)における間外、休日及び深夜に関する未払賃金並びにこれらに対する利息を請求します。

また、平成28年〇月分給与(同年〇月25日支給予定分)においても、所定労働時間及び所定労働時間の超過部分に対応する賃金はもちろんこと、適正な割増賃金が支給されることを請求します。

さらに、解雇が無効ですので、バックペイはもちろん、有給休暇、代休消化後に退職するため、その分の適正額の支給も請求します。

未払い賃金等の金額は、追ってお知らせいたしますが、給与規程や年間休日のご提示をお願いいたします

  上記の要求に応じて頂けない場合には通知人は貴社に対し、やむを得ず民事訴訟その他法的手続により未払賃金及び支払日までの遅延損害金全額のみならず、付加金も請求せざるを得ませんので、予めご了承ください

 

第4 結語

  取り急ぎご連絡のみにて失礼いたしますが、ご不明な点等がございましたら、ご連絡いただきますようお願いいたします。

草々

 

平成2年〇月〇




さあ、開戦!



つづく



次回   裁判を傍聴するよ

これまでの経緯23 失業手当の仮給付という仕組み

今度は離職票持ってハローワークへ。

いつ来ても混んでる。失業者多い(´・ω・`)

失業給付の受付窓口へ。

解雇されたので失業給付受けたいので相談しに来ました。

離職票はお持ちですか?

はい。

名前呼びますので、掛けてお待ち下さい。


40分ほど経過



俺さんどうぞ。



解雇されたので失業給付受けたく相談に来ました。これ、離職票です



たしかに離職票に解雇とありますね。会社都合なので待機期間7日で申請可能です。



ただ不当解雇なので、これから民事訴訟で無効を訴えて争うつもりです。



地位確認されるということですか。となると条件付支給、いわゆる仮給付ということになります。



大体概要は分かったうえで来ていますが、説明していただけますか。


雇用保険の失業給付は離職日以前の2年間に雇用保険の被保険者期間が12ヵ月以上あった方が失業して、本人に就職する意思と能力があり、積極的に求職活動を行っている場合に給付されるものです。
今回の場合、期間は満たしてしますが、裁判で労働者としての地位が確認されれば、失業自体が無かったことなりますし、求職活動もしないので本来は受給資格がありません。
通常の失業給付を認めると解雇を認めることになってしまい矛盾しますしね。


分かります。


ただそれでは解雇無効を争うと生活に困ることになりますので、法律上は具体的に明文は無いですが制度上の工夫として仮給付ということをしています。
失業、仮に解雇が有効であるという前提で失業給付をして、無効になった場合は返還するいう手続きになります。
申請いただく際に、確約書といって、解雇無効の結論が出たら返還しますという覚え書を提出してもらいます。


なるほど。
逆に有効になってしまった場合は返さなくて済むわけですね。
無効になって1度地位を回復した後に会社を自主退職した場合はどうなりますか?


その場合、無効になった時点で一度返還してもらって、再度通常の失業給付を申請して、求職活動をすればもう1度失業給付を毎月受給出来ます。



分かりました。さっそく申請したいのですが何が必要ですか?


離職票はあるので、本人確認資料と証明写真2枚とマイナンバーの番号が分かるものと、印鑑、振込口座が分かるものを持ってきていただくのと、あと、裁判していることが分かるもの何かありますか?


まだ無いです。訴状もこれから作るところです。
弁護士に依頼した契約書とか受任通知とか、会社に内容証明で送る通知書とかではダメですか?
訴状提出となるとまだ結構時間かかるんですけど。


事実上の争いがすでに起きていても、労働局からの通達で訴状等で裁判が提起されたことが分かるものか、労働労働基準監督機関、労働委員会への提訴、申告が無い場合は受付出来ないことになっていますので。
裁判されるのであれば訴状提出してから先程お伝えした必要書類持って申請しに来てください。


分かりました。ありがとうございました。


とりあえず訴訟提起するまでは貯金切り崩すしかないか。
早く訴状提出しなければ!


つづく

これまでの経緯22 健康保険証の土俵入り



離職票を持って区役所へ


国民健康保険の切り替え完了。
すごいちゃっちぃよ。二つ折りwしかも紙製w


社会保険 保険証カード(プラスチック製)




これが


国民健康保険 保険証 (紙製)

(※拾い画像です)


これになる。


折り曲げるとキャッシュカードやクレカと同じサイズになります。
国民健康保険の方紙相撲しましょう!お住まいの市町村で強さが違うかも!?
 


無事ゲット出来ましたが、裁判で解雇が無効になり地位が確認されれば、国民健康保険の加入要件(企業の健康保険に入っていないこと)が無かったことになります。

つまり、地位確認されれば、おそらく社会保険に入り直した上で、国保で納めた保険料を還付してもらう申請をしなければならない。めんどくさい。

国民健康保険の間に病院にかかった場合には、国民健康保険から医療費の7割が病院に支払われるため、社会保険に入り直した時に当然国民健康保険に7割分返還しないといけません。

もちろん社会保険から7割分貰えるはずですが、多分いろいろ手続きに時間がかかるので、すぐに払ってもらえないであろう。

一時的に3+7で10割自己負担しなければいけない可能性があるんじゃないか?不安だ(´Д`)

地位確認→国民健康保険取消(国民健康保険の保険料還付)→病院に行っていれば医療費の7割分を国保に返済→社会保険を解雇時に遡って加入(社会保険料支払い)→医療費の7割分を請求→医療費が戻ってくる。

想像だけど多分この流れ。

病院に行くとやっかいなことになる。
申請やお金の精算がまずめんどくさい。
高い検査とかしたら一時負担がすごいことになりそう(´;ω;`)


結局病院には簡単には行けない…。病気怪我には気をつけよう。




国民年金にも無事加入し手続き終了。
とりあえず両方加入出来ました。

が、これでは終わりません。また後日来なければいけない。
失業給付有資格者を得れば、どちらとも減額減免が効くとのこと。



対象者会社をやむを得ず退職した方(下記該当者)
■会社の倒産や会社都合により解雇された方
■残業過多などの正当な理由で自己都合退職された方
■平成22年3月31日以降に退職された方
保険料の減額方法前年の給与所得を30/100として保険料を計算します。
例えば前年の所得が300万円の方であれば、90万円として計算します。つまり所得割額については7割軽減されることになります。
※均等・世帯・資産割額については減額されません。
手続き方法以下のものを持って役場で手続きします。
雇用保険受給資格者証
(職安で失業保険の手続きをするともらえる証明書です)



国民年金  (年金機構HPより抜粋)

収入の減少や失業等により保険料を納めることが経済的に難しいときの手続きを案内します(保険料免除・納付猶予)。※

国民年金第1号の被保険者は、毎月の保険料を納めていただく必要があります。しかしながら、所得が少ないなど、保険料を納めることが難しい場合もあります。
そのような場合は、未納のままにしないで、「国民年金保険料免除・納付猶予制度」の手続きを行ってください。

保険料免除や納付猶予になった期間は、年金の受給資格期間(25年間)には算入されます。
ただし、年金額を計算するときは、保険料免除は保険料を納めた時に比べて2分の1(平成21年3月までの免除期間は3分の1)になります。
※納付猶予になった期間は年金額には反映しません。

受給する年金額を増やすには、保険料免除や納付猶予になった保険料を後から納める(追納する)必要があります。



失業給付申請をして有資格者証が来るまではとりあえず通常通り納めて、手続きしたら国保だけ多く負担した分を還付申請することに。


解雇って本当にこういうところが面倒!!


こういう場面では逆恨み感情で簡単に解雇した会社に怒りがこみ上げます(#^ω^)ピキピキ


つづく


次回  失業給付の仮給付申請


これまでの経緯21 解雇されてまずすること

弁護士にも依頼し、通知書の文案待ちの状態となった。



解雇されて数日間の話


( ゚д゚)ハッ!と朝に目覚める!



会社行かなきゃΣ(;´Д`)


あ、俺クビになったんだった(´Д`)


もうちょっと寝よ(¦3[▓▓]


数日は毎朝こんな感じでした。



思えば就職してから、長い休みといえば年末年始ぐらい。1週間程度の休みしかなかった。 


学生時代は夏休みや春休みで1ヵ月以上休めた。学生はいいよなぁなんて何度も何度も思っていた。もうあんな長い休みなんてずっと無くて、60歳ぐらいまで何かしら働き続けるんだろうと思っていた。


来ましたよ!休みが!
すごく解放された気分!明日のこととか考えなくていいの!
好きな時間起きて、好きな時間に飯食って、ワイドショーとか見て、好きなだけ夜更かしして、好きなだけ寝る!そんな自由を少し楽しみました。


すると、なんということだ…。
すげー仕事してぇ(´Д`)
仕事が出来ないと仕事がしたくなる!
皆さん、仕事が出来て給料が貰えるというのは案外幸せなことかもしれませんよ(·∀·)


あまり堕落してもいけないので、自由を楽しんだあとは毎朝9時には起きるようにしました。


実は全く何もしないで引き篭もっていたというわけではありません。


まずやらないといけなかったこと。それは。



国民健康保険への切り替え。

健康保険証を会社に取られてしまったので、国民健康保険に入らなくてはいけません。突然病気やケガにあえば全額負担です。しかも無保険は自由診療と言って医療費をお医者さんが自由に決められるらしいので言い値になるらしいです。おそろしい。


厚生年金から国民年金への切り替え。

とりあえず年金を切り替えないとね。どうせ貰える頃には制度自体破綻してるだろうけど国民の義務ですから。



雇用保険の失業給付の申請。

生命線です。働けない以上、これ以外には収入になるものが無いんですから通常は。



まずは市役所へ

俺:すいません、失業したので健康保険と年金切り替えたいんですけど。

職員:離職票ありますか?

俺:無いです。

職員:離職票貰ったらまた来て下さい。

俺:ぐぬぬ



俺:解雇されたので失業給付申請したいんですけど。

職員:離職票ありますか?

俺:無いです。

職員:離職票貰ってまた来て下さい。

俺:ぐぬぬ

同じかぁ( ̄▽ ̄;)


俺:解雇されても離職票貰えるものなんですか?

職員:貰えますよ。退職後10日前後以内には送られてくるはずです。なかなか送られてこなかったら、会社に連絡して請求して下さい。

俺:解雇されてるのであんまり連絡したくないんですけど。

職員:ハローワーク介して会社に請求も出来ますよ。

俺:もうしばらく待って来なかったらそれお願いしに来ます。



数日後、会社からちゃんと離職票が送られてきました。



つづく。



次回    結局簡単には病院に行けないということ。